月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第31回「ニューヨーク市民の消費欲」
 ニューヨークは先週のサンクスギビングデー(感謝祭)からホリデーシーズンに突入しました。

世界的に有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式は12月2日ですが、目抜通りの五番街などのお店は飾り付けをしてとても綺麗です。

 気になるニューヨーク市民の消費欲ですが、ある大学の調査によると昨年と変わらないそうです。調査結果によると消費者の65%が、ホリデーギフト購入に600ドル未満の出費を計画しているそうです。
 また消費者の10%以下が、昨年を上回る金額をギフト購入に当てたいとし、より多くの人へ贈るか、あるいは一人当たりの単価を上げるつもりだそうです。

 一方、昨年より出費を抑える予定の消費者は48%と、同額の出費を考えている45%を多少上回った。消費者の約30%は、300ドル未満の出費を予定しており、昨年の28%を上回った。

 ちなみに300ドル未満という金額は、年収5万ドル以下の人、ニューヨーク市民、若者というカテゴリーで、最も一般的な予算額だそうです。

 最近、マンハッタンのチェルシー地区に北欧風のお洒落なマクドナルドが、オープンしました。

金融街にもグランドピアノが置いてある(生演奏もあり)マクドナルドがありますが。このチェルシー地区の新店舗はメニューは同じですが、染みだらけのテーブルの代わりに、北欧調のシンプルでモダンなカウンター席や椅子が、並んでおり店内は明るい蛍光灯ではなく、暖かみのある白熱灯の光が照らし、フラットスクリーンのテレビを備え、Wi-Fiも無料で利用できるそうです。
 
今後、各地区に応じた個性的な店舗が、増えてくるかもしれませんね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。