月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回「イエローキャブと地下鉄」
ニューヨークの乗り物というと「イエローキャブ」が思い浮かぶと思いますが、現在イエローキャブはニューヨーク市内で約1万3千台弱登録されております。
このタクシー(イエローキャブ)とリムジン(日本のハイヤー)を管轄しているのがNYC Taxi and Limousine Commission(通称TLC)でニューヨーク市の公的機です。

日本ではリムジンというと長い車のイメージがありますが、アメリカの場合はハイヤーのことを一般的にリムジンと言います。

現在、5万台以上の車(約イエローキャブ1万3千、リムジン3万7千台)と10万人強のドライバーにライセンスを与えております。
TLC車両に乗るドライバーは、TLCライセンスの取得を義務付けられており取得後も2年に一回の更新、1年に一回のドラッグテスト(麻薬をしてないかどうかのチェック)が必要になります。

ニューヨークのイエローキャブの運転手は4万人以上いますが人種は、バングラディッシュ、パキスタン、インドからの移民の順となっています。
80%以上はアメリカ国外出身者でカリブ海諸国、南アジア系が多いのが特徴。
運転が荒いと悪評高きイエローキャブ(リムジンは別)ですが、事故率の統計上では一般車、バス、トラックより低い数字となってます。

タクシー料金は初乗り$2.50で日本に比べてかなり割安になっており、あと40セント毎加算されていきます。

イエローキャブと並んで有名なのが地下鉄です。1904年開業で現在の営業規模は営業路線延べキロ数が1,056km、路線数が26路線、駅数が468駅となっていてマンハッタンを中心にブロンクス、クイーンズ、ブルックリンのほぼ全域をカバーしていま
す。
毎日約490万人以上の人々が利用し、年間利用客数は10億人を超えております。
車両数は6400両(東京メトロは2515両)を超え川崎重工が車両製造の発注を受けています。(噂ですが、テロの時に川崎重工製車両は他社に比べて被害が少なかったそうです)

料金は日本と違いどこまで行っても$2で均一料金です。(市バスも同様)有名なヤンキース対メッツのサブウェイシリーズは地下鉄で両球場を行き来できるので命名されました。

昔に比べて格段に治安はよくなっており、ニューヨーク市民はもとより観光客にとっても貴重な移動手段です。以前は車両に落書きがされていましたが、現在はほとんど見かけることはなくなりました。
参考までにニューヨーク市の違法駐車による罰金収入は一年
間で約650億円。
マンハッタン中心の月極駐車場代平均は約7万5千円です。
現在のマンハッタン内でのガソリン代は1リットル当たり約¥107です。

よほどのお金持ちでないとマンハッタン内で車を持つのは難しいということですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。