月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第14回「ニューヨーク安全&危機管理」
 日本とアメリカの習慣、文化等違いは沢山ありますが、その中でもセキュリティー(安全)に関しては全く考え方が異なります。

 日本ではホテル、旅館でのチェックインの際、ID(身分証明書)を求められる事はまずありませんが(ホテル、旅館側はそんなことをしたらお客様から怒られると思うのではないでしょうか?)ニューヨークでは必ずID(身分証明書)が必要になります。(2001年、9月11日のテロ前からしております)
 
 ほとんど単民族国家の島国、日本と違い多民族国家のアメリカそのなかでも移民の大都市のニューヨークではどこの国の誰か分からない人をID無しで泊める事は考えられません。ID以外にもニューヨークのホテルでは必ずクレジットカード(なければ$100程度のデポジット)が必要になります。
 理由は部屋での電話やミニバーを使ったお客様が支払わないで帰る人が沢山いるので、ホテル側が事前に防御策を取っているためです。(ニューヨークのホテルはお客を信用してません)

 国内線でも当たり前の話しですが、IDが必要です。日本はまだ国内線はIDは必要ないのでしょうか?まだ必要ないとすればアメリカ側から見ればとても不思議に思われます。どこの誰だが分からない人物をID無しで飛行機に搭乗させるのはアメリカでは100%ありません。

 ニューヨークのオフィスビルでもそうです。ミッドタウンの高層オフィスビルに入るには、IDはもちろんの事、写真まで取られて入出時間もすべてビルセキュリティーの警備員に管理されます。まだこれぐらいはいい方で、もっと厳しいビルは担当者(訪問者の受け入れ側)が、1階ロビーまで訪問者を迎えに行かなければなりません。ですので日本みたいな飛び込み営業は、このニューヨークでは考えられません。

 自由の女神やエンパイヤ-ステートビルなどの有名観光地では、さすがにIDチェックはありませんが、飛行機に乗る時以上に厳しいセキュリティーチェックを受けなければなりません。(唯一IDが、必要なのは観光ヘリコプタ-です)

 もっともニューヨークらしい法律が、地下鉄で警察官からID提示を求められて出せなかったら罰金という制度です。こういった事情からニューヨーカーは常にID(ほとんどの人が運転免許書)を携帯してます。

 以前に要人が来た時の警備が、厳しいと書きましたが、普段からニューヨークでは個人レベルから企業までセキュリティーや危機管理に関して関心が強く日本からニューヨークに来られる留学生。駐在員の方たちもすぐにNYに染まります。いつまでも日本に居る時と同じ気持ちでいると(平和ボケ)すぐに痛い目にあいます。
 よくニューヨークで言われる事のひとつに家に泥棒に入られたら、やっと一人前のニューヨーカーだと言われます。

 とにかくニューヨークでは自分の身は自分で守る。危機管理も自身で考えることが大切です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/07/07 18:21】 | # [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。