月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第12回「ニューヨーク要人訪問」
 先日(2008年)4月18日~20日まで、13年振りにローマ法王がニューヨークにお越しになりました。国連本部での演説、ニューーヨーク市内の何箇所かのカトリック教会やヤンキースタジアムで約5万人信者の前でのミサなど精力的に動いておりました。

 ローマ法王が、動くということはニューヨーク市内がどうなるかというと、信じなれないくらいの厳戒態勢になります。例えばローマ法王が移動する時間帯にフリーウェイ国道(日本でいう東名高速)が、
3時間通行止めになったり車も30台以上列なり国連本部周辺はスナイパーが何十人も配備されてテロに備えてました。

 ニューヨークは国連本部がある関係で世界の首都と呼ばれています。
9月上旬の国連総会開催時には加盟国の元首クラスが大挙してニューヨークに来ます。一年間の中で最も渋滞がひどく、警備が厳しので一番ニューヨーク訪問に適さない時期でもあります。
 主要国元首(アメリカ、ロシア大統領、中国元首クラス)が泊まるウォールドルフアストリアホテルはテロ防止の為にダンプカーが置いてあったりNY市警の数え切れないくらいのパトカー、FBI警護担当者がホテルの周りを取り囲んでいます。ちなみに日本の首相も以前はこのウォールドルフアストリアホテルに宿泊されてましたが、予算が合わなくなた為にすぐ目の前にあるインターコンチネンタルバークレーに変更になりました。

 とにかくニューヨークで元首に何かあった場合はアメリカ、ニューヨークの威信に関りますので、それは大変なものです。逆にニューヨーク市民にとっては日常生活にも多大な支障がでますので迷惑なだけです。(例えば松井選手も含む国連周辺の住民は要人が国連に移動するとき、家にも行くことができません)

 おもしろいのは移動の車列の台数で、大体どの国か見当がつきます。白バイ30台以上プラスパトカー数十台、なぜか救急車含む大名行列状態はアメリカ大統領、NY市警パトカー1台とSP警護車とあと3台ほどは日本の首相(警備が厳重でないのは命を狙うものがいない為に、)、特殊部隊のスナイパーがライフル銃を構えながら車列を組んでいるのはイスラム圏(イラン、アフガ二スタン、イラク)の
問題のある国やイスラエル。

 この大名行列状態のアメリカ大統領の時よりローマ法王の警備は厳重でした。なにわともあれ無事に帰国されてよかったと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。