月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第19回「ニューヨークホリデーシーズン」
 先日の27日は11月の第4木曜日でThanksgiving(感謝祭)でした。
日本ではあまり知られてませんが、アメリカでは、日本のお盆やお正月のように大事な日です。
基本的に4連休になります(木、金、土、日)。 
 
 ニューヨークでは1924年から続く有名デパートのメーシーズ主催のパレード(キャラクター・バルーンが行進する)が行われました。毎年、実家に戻りこのパレードをTVで見ながらターキーを食べるのが一般的なアメリカ人家庭です。今年は約350万人が見学されたそうです。

 Thanksgiving Dayである木曜日は、ほとんどのお店が閉店になります。またいつもは24時間営業しているコンビニやファーストフード店も、完全休業か午前中のみ営業になるお店が、多いです。

 翌日の金曜日は各店でバーゲンが始まり、赤字だった店も一転して黒字が見込まれることから「ブラック・フライデー」(黒字の金曜日)と呼ばれます。約1ヶ月後のクリスマスに向けての正式なショッピングの始まりの日になります。この日限りの大安売りがあちこちで展開されるため,買い物リストを片手に、ショッピングをしてまわる人も多い。大型量販店によっては12:00AMから始める店もあります。
 
 ここで面白いサイトをご紹介します。アメリカ日本人向けに特売情報を発信している
特売USA (http://tokubaiusa.com/)です。
 このサイトのセール情報(ブラックフライデー欄)をみれば、今のアメリカの消費傾向がよく分かります。どの量販店も必ず目玉商品を持っています。何かのご参考になればと思います。

 日系新聞にも掲載されてましたが、全米小売業界の推計では28日から週末にかけての3日間に買い物に出かける人は最高で1億2800万人と前年比5.2%減少する見込みだそうです。
しかもこのうちの半数以上にあたる7900万人がセールの状況を見極めた上で出かけると答えており、多くの消費者が買い物に慎重になっているみたいです。

 景気低迷で消費者心理が冷え込み、近年にない“ブルー”な商戦になると予測されています。
12月3日は、今年で76回目の毎年恒例 ロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式があります。
今年は隣のニュージャージー州のハミルトンから伐採されたノルウェー・トウヒで、高さフィート(約22メートル)重量8トンです。

 一年の中でもっとも賑やかで美しいニューヨークです。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。