月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第11回「ニューヨーク結婚式事情」
 2008年3月26日にニューヨークヤンキースの松井選手が、25歳の元OLの方と結婚式を挙げました。
 結婚式を挙げた教会名はどのマスコミも報道してませんでしたので、極秘だと思いますがマンハッタン内のアッパーイースト地区にある某教会の大聖堂です。

 ニューヨークでも日本同様、結構話題になってました。こちらのタブロイド新聞の「ニューヨークポスト」
やスーパーマンでお馴染みの「ディリーニュース」でもトップ扱いでした。日本と違い、一スポーツ選手の結婚の事を取り上げるのはよっぽどのことなのでそれだけ松井選手はニューヨークでスター扱いされている証拠です。まだ独身のヤンキース一番のスター選手、ジーターがする時はもっと凄いと思いますが、、。

 日本とニューヨーク(アメリカ)では結婚式事情はまったく異なります。一言でいえばよほどのセレブでないかぎり地味です。大袈裟な披露宴もあまりありませんしお金も掛けません。あっとホームなパーティー形式が多いです。
 レストランやゴルフ場などでする場合が、多いです。そういえばマリナーズのイチロー選手もゴルフ場で挙式をしたのではなかったでしょうか?

 日本から来てニューヨークで挙式を挙げるカップルは、やはりニューヨークらしい場所を好みます。自由の女神、エンパイヤーステートビルの展望台、セントラルパークなど、、。通な場所はヤンキースタジアムのマウンドで牧師さんを呼んでの挙式です。(さすがに松井選手はしなかったですが、、)

 松井選手のように日本人同士教会で挙げるカップルも多いですが、何百とあるマンハッタン内の教会で日本人同士のカップルが、使用可能な教会は限られてます。約10教会ほどしかありません。
理由はその宗派でないと挙式の許可がおりない教会が多いからです。(カトリック教会ならカトリック信者しか不可。私立学校の入学も同様の場合もあります)
 使用可能な教会でニューヨークらしいのは国連教会です。国連本部の直ぐ目の前にありモダンなステンドグラスがとても美しく、国連本部らしく誰に対してもウェルカムです。(ちなみに松井選手は国連教会では挙げていません)あとアイビーリーグのコロンビア大学内にあるセントポール教会でも可能です。

 黒人居住区のハーレムの教会で結婚式を挙げるとオプションでプロのゴスペル歌手が、生のオルガン演奏でお祝いの歌を歌ってくれます。まさしくニューヨークっぽい挙式です。挙式終了後は一般的に記念写真をタイムズスクエアやセントラルパークに撮りにいきます。

 海外での挙式といえば定番のハワイやオーストラリアなのですが、ニューヨークも中々のものです。



スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。