月刊 moreな「ニューヨーク通信」
ニューヨークの生の雰囲気をカジュアルにお伝えします。


最近の記事



ようこそカウンター



プロフィール

more8

Author:more8
more8が管理人となり、

ニューヨーク在住Aboshi氏(「Jmax New York,Inc」)からの便りを月イチでお伝えします。



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第3回「レストラン」
 ニューヨークは世界の首都と言われるだけあって、ありとあらゆる国の料理が食べる事ができます。

 近年は日本食ブームになっており、俳優ロバートデニーロ氏との共同経営の松久氏の「NOBU」はいまだに予約が取りにくいレストランとして有名です。世界的に有名なレストランガイドの「ミシュラン」のニューヨーク版が2006年度版から発刊されましたが、「ニューヨークは世界で一番エキサイティン
グでそしてもっともグルメな場所のひとつである」という理由だから発刊したそうです。

 アメリカで有名なレストランガイドと言えばニューヨーク在住の食べることが大好きな夫婦、ティム&ニーナ・ザガットが、著者の主観的な評価だけのガイドブックに疑問を抱き、アンケート方式で調査をしたのが始まりの「ザガットサーベイ」ですが、このニューヨーク版で長年人気ランクで上位の「ユニオンスクエアカフェ」や「グラマシー・タバーン」と同じ経営母体のUnion Square Hospitality Groupが運営している
「Shake Shack 」のハンバーガーが人気を集めています。(有名人気レストランと同じ経営母体なので味も保証付き)

 この「Shake Shack 」はマンハッタンのマジソンスクエアという公園内にありとにかくいつも長蛇の列。とここまでは他と違いはなにのですが、ホームページ上で込み具合をチェックできるというサービス(一度ご覧くださいhttp://shakeshacknyc.com/camera.html)があります。
 
 このマジソンスクエア周辺はメットライフ、ニューヨークライフなどの保険会社などもありオフィスビルが多く、込み具合がわかれば時間を有効に使えると好評のようです。
(会社の窓からマジソンスクエアを見れる人はいいですが大部分の人たちは、混雑ぶりがわかりません)

 あと公園(マジソンスクエア)と共存共栄を図るというコンセプトからお店の収益の一部を公園に寄付しているそうです。公園(マジソンスクエア)を管轄しているニューヨーク市にとってもメリットがあり、「Shake Shack」に来る人もハンバーガーを食べてちょっと良い事をしているという心境になるみたいです。
(来る人の大部分は、収益の一部を公園に寄付するということは知らないと思いますが、、)

 とても奥が深いニューヨークのレストランですが、人気店というのはただ美味しいだけでなく他の付加価値があるような気がします。最近の傾向として老舗の人気店がある日突然店を閉める場合が多々あります。ほとんどの理由はリース契約が終った場合です。数十年前なら50年契約などもあったみたいですが、最近は10年、長くても15年みたいです。
 再契約の時は以前の2~3倍の家賃になるのでできないお店が多いそうです。どの都市も同じかもしれませんが、特にニューヨークの不動産事情は恐ろしいです。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。